ルナメアACを使ったら赤みが出た!?赤ニキビや赤ニキビ跡への効果は?

ルナメアACを使ったら赤みが出た!?赤ニキビや赤ニキビ跡への効果は?

ルナメアACは思春期ニキビから大人ニキビまで、様々なニキビに効果が見込めるニキビケア商品です。
ルナメアac 赤み

 

そんなルナメアACですが、

 

  • ルナメアACを使ったら赤みが出たんだけど!?
  • ルナメアACは赤ニキビに効果があるのか知りたい
  • 赤いタイプのニキビ跡改善にルナメアACって効果があるのかな?

 

という疑問がわきました。

 

赤くなったと聞くとなんだか良くない状態のような気がしますよね。

 

もしアレルギー反応であればすぐに使用を中止するべきですし、好転反応であればまた対応が変わってくるかもしれません。

 

 

こういった点についてもまとめてみましたので、一緒にみていきましょう!^^

 

 

ルナメアACを使ったら赤みがでた!?

 

口コミの中には

 

  • ルナメアACを使ったら赤みが出た!
  • ルナメアAC期待してたのに赤みがでてヒリヒリした!

 

といった声もありました。

 

まず化粧品を使った赤みが出るというのは、いったいどんな状態なんでしょうか!?

 

ルナメアac 赤み

 

ルナメアac 赤み肌を守るために皮膚が炎症を起こしている

 

 

肌は外部からの刺激物質などが入り込むことを防ぐためにバリアーを貼っています。

 

しかし、このバリアーをもってしても肌の中に刺激物が入り込んでしまうことがあります。

 

こういった際に自己防衛のために免疫機能がはたらいて「炎症反応」を起こして肌を守ろうとします。

 

 

つまり、あなたの肌が敏感肌で、ルナメアACに含まれる何らかの成分があなたの肌に合わなかった可能性が高いということです。

 

肌が炎症を起こして守ろうとしているので、あなたにできることはルナメアACの使用を中止して、他のもっとあなたにあった化粧品を探すことです。

 

ルナメアac 赤み

 

ルナメアac 赤みかゆみが同時に起こった場合

 

 

赤みと同時、もしくはそこまで赤みが出なくとも、かゆみが同時に起こった場合は要注意です。

 

基本的にかゆみが起こると、それはアレルギー反応と判断してすぐに使用を中止しましょう。

 

 

好転反応じゃないの?と思うかもしれませんが、好転反応はかゆみをともないません。

 

好転反応の場合、小さなニキビ(コメド)のようなものがはじめの数日できますが、すぐに落ち着くといった現象をいいます。

 

(肌に溜まった毒素を一気に放出するため)

 

アレルギー反応が出ているのに使用を続けてしまうと、後で取返しのない事態に陥りかねません。

 

基本的に、化粧品を使ってみてかゆみが出たらアウトだと思って即刻使用を中止して、肌を大切にしていきましょう。

 

 

もしこれからルナメアACを購入してみたい!といった場合は、いきなり現品を購入するのではなく、ルナメアAC1週間お試しキットから購入するようにしましょう。

 

そうすることで、万が一肌に合わなかった場合というリスクを抑えることができます。

 

>>ルナメアACの1週間お試しキットの詳細はコチラ!

 

 

ルナメアACは赤ニキビに効くの?

 

ルナメアACは赤ニキビの改善に効果が期待できるのでしょうか?

 

まず赤ニキビとはどんな状態なのか?についてみていきましょう。

 

 

ルナメアac 赤み赤ニキビってどんな状態なの?

 

 

まずニキビという症状は1つしかありません。

 

ニキビは段階的に進行していき、その過程で呼び名が変わります。

 

・白ニキビ

・黒ニキビ

・赤ニキビ

・黄ニキビ

 

という流れで進行していきます。

 

つまり赤ニキビとは、毛穴に皮脂などが詰まった結果、毛穴内にニキビ菌が増殖して炎症を起こしてしまった状態のことをいいます。

 

炎症とは、免疫機能による自然治癒現象なので、カラダが問題を解決しようと一生懸命がんばっている状態ということですね。

 

ルナメアac 赤み

 

ルナメアac 赤みルナメアACは赤ニキビの改善に効果が期待できる?

 

 

ルナメアACを使うことで赤ニキビの改善が期待できるか?

 

結果から言うと、十分に期待できます。

 

というのは、ルナメアACは毛穴の詰まりを解消する効果が期待できるとされる化粧品だからです。

 

毛穴が赤く炎症を起こしている原因は、毛穴が詰まってしまい、中に皮脂が充満してニキビ菌であるアクネ菌が異常に増殖してしまっているからです。

 

その問題の元となっている、毛穴につまった皮脂を直接取り除けば、中にたまった皮脂や炎症の原因である菌が外に出すことができるので、結果的に赤みが解消されるということです。

 

 

更にルナメアACには「ファイバースクラブ」という肌を傷めずに効果的に毛穴のつまりを取り除く技術と、「アクネシューター」という毛穴に効率的に有効成分を届けるという富士フイルム独自の成分・機能があります。

 

これらのおかげもあり、より早い段階で赤みを取り除く効果も十分に期待できそうですね^^

 

 

 

赤いニキビ跡には効果が期待できるの?

 

ルナメアac 赤み

 

赤いニキビというと、もう1つ気になる赤みがありますよね。

 

それは、ニキビが落ち着いた後の「赤ニキビ跡」です。

 

ルナメアac 赤み

 

ニキビ跡には2種類があり、ニキビは落ち着いたのに赤みだけが残っている「赤ニキビ跡」状態と、ニキビの進行が最後にまで達してしまい、凹凸が残ってしまった「クレーター型ニキビ跡」とされるものとがあります。

 

 

クレーター型のニキビ跡は、肌にくぼみができてしまっています。

 

肌の表面である、ターンオーバーによって皮膚が再生される部分までのくぼみであれば、ターンオーバーをしっかりと促進してあげることで、時間はかかりますがケアで改善することは可能とされています。

 

しかし、ターンオーバーが起こらない、真皮(しんぴ)といわれる肌の深い部分にまでくぼみが達していると、自分のケアだけでは改善は難しいとされています。

 

この場合は、皮膚科にてレーザー治療をおこなうことで改善が可能です。

 

ルナメアac 赤み

 

では、赤いニキビ跡の場合ですが、こちらは肌表面のニキビは収まっても、肌の中ではまだ炎症が残っており、免疫機能によって血行が増幅されて改善が進んでいる状態です。

 

この場合は、ルナメアACなどの肌質を整える機能を持つ化粧品でケアしていくことで、やや時間がかかりますが、改善することが可能とされています。

 

ターンオーバーが早すぎたり、遅すぎたりしないように、毎日のケアを欠かさず行い、しっかりと正常なターンオーバーを促すことで必要最小限の期間での改善が期待できると思います。

 

 

 

 

結局ルナメアACは赤ニキビに効果があるの?

 

 

ルナメアACは基本的には赤ニキビに効果がありますが、中にはそれ以前に肌に合わなかった!という方もいるようです。

 

ルナメアACは公式サイトでは「敏感肌用」とされていますが、やはり中には極度の敏感肌の方もいるので、そういった方には何かの成分が合わなかったり、刺激が強すぎたりして炎症反応が出ることもあるようです。

 

なので、これから使ってみる方は過度に期待せず、まずは¥1,080で購入できて、ルナメアACの全ラインナップがお試しできる「ルナメアAC1週間お試しキット」から使ってみるようにしましょう。

 

最初から現品を購入しないことで、万が一の場合、リスクを減らすことが可能です。
(現品を最初からセットで購入すると、初回割引価格でも約¥7,000しますからね!)

 

 

ルナメアACを使ってみて赤みが出てしまった!という方はすぐに使用を中止して、様子をみるようにしてください。

 

赤みやかゆみが出ると、基本的にアレルギー反応なので、刺激が強すぎた可能性があります。

 

化粧品は全体の成分構成は敏感肌の方でも使える構成だとしても、人によって個人差がありますので、そのうちの1つの成分が合わなかったというだけでアレルギー反応がでることも多々あります。

 

なので、実際に使ってみないと何とも言えないというのが現状なので、次に使ってみる化粧品も、お試しセットがあるものを選んでみて、お試しセットから購入してみることを強くオススメします。

 

 

 

では、ルナメアACの赤み、赤ニキビ跡についての記事でした!

 

ありがとうございました。

 

 

>>ルナメアAC|好転反応と副作用の判断のポイントは!?