ルナメアACをいちご鼻に使っちゃダメって本当!?成分から見えるイチゴ鼻への効果

ルナメアACをいちご鼻に使っちゃダメって本当!?成分から見えるいちご鼻への効果

ニキビ改善に大きな実感を得られるとネットや口コミ雑誌で大人気のニキビケア商品「ルナメアAC」

 

そんなルナメアACですが

 

いちご鼻の改善にも効果が期待できるの!?

 

といった点について徹底的にリサーチしましたので、まとめてみました。

 

ルナメアac いちご鼻

 

ルナメアACの使用を考えているあなたの参考になると嬉しいです!

 

 

 

ルナメアACをイチゴ鼻に使っちゃいけないの!?

 

結論から言うと、毛穴ケアに特化したルナメアACですが、、敏感肌の方でいちご鼻に悩んでいる方には一概にオススメとは言えません。

 

なぜかというと、いちご鼻を治すには長期間のお肌ケアを続けてターンオーバーを整えることが大切、とされています。

 

ルナメアACの化粧水と保湿クリームは医薬部外品なので、通常の化粧品より強い効力が期待できる成分構成になっています。

 

ここで重要なのが、通常より効力が高いということは、その分肌にかかる負担も高いということです。

 

ルナメアac いちご鼻

 

 

いちご鼻を改善するには長い期間をかけてお肌ケアをしていきますので、敏感肌の場合はそれだけ長い間肌に負担をかけ続けるということでもあります。

 

いちご鼻の改善にかかる期間は、個人差にもよりますが通常で数か月。ごくまれに1年以上かかる方もいるということです。

 

なので、もしルナメアACがご自身の肌質に合っているか確かめてみたいという場合は、いきなり現品を購入せずに1週間お試しキットから試してみるようにすることを強くオススメします。

 

 

ルナメアac いちご鼻

 

逆に敏感肌ではない、ルナメアACが自分に合っているという方の場合は、毎日のケアを忘れずにしっかりと保湿をして、ターンオーバーの周期を整えていくことから始めましょう。

 

いちご鼻の治療には忍耐が必要です。角栓を強引に抜くのはもちろん、毛穴用パックを使用してゴッソリ角栓を抜くこともNGです。

 

 

次に、いちご鼻のメカニズムについて深く理解していきましょう。

 

「敵を倒すにはまず敵を知る」という理論です。

 

 

そもそもいちご鼻のメカニズムってどんなもの?

 

まず、「いちご鼻」とは、鼻の表面にある毛穴にびっしりと角栓が詰まってしまい、その角栓の空気に触れる表面が酸化して黒ずんでしまったものです。

 

ルナメアac いちご鼻

 

その他に、鼻の表面に凹凸が現れることがありますが、これは角栓を強引に抜いたり、黒ずみを落とそうと強くゴシゴシと洗ってしまうことにより起こる現象です。

 

びっしりと詰まる角栓の正体は、皮脂と角質が混ざり合ったものです。
いちご鼻を観察していると油分が原因のように感じてしまうかもしれませんが、角栓は皮脂が2〜3割であとは角質と、実際には角質の割合が高いんです。

 

 

 

次にいちご鼻について以下の3段階で理解してきましょう!

 

  • いちご鼻になる原因とメカニズム
  • いちご鼻の症状を加速させてしまう失敗とメカニズム
  • いちご鼻の正しい治療と治るメカニズム

 

まずはいちご鼻になってしまうメカニズムからです。

 

 

ルナメアac いちご鼻いちご鼻になってしまう原因とそのメカニズムとは

 

まず、鼻にある毛穴に角質が溜まって毛穴から排出できなくなっていくことから症状が始まります。

 

また、洗顔不足から起こる肌の表面の常在菌バランスが崩れることがいちご鼻の原因になることもあります。
この場合は洗顔を1日に1〜2回、毎日するように心がけることで改善がみられたという報告もありました。
しかし、洗顔のしすぎは逆効果なので多くても1日に2回までにとどめるようにしましょう。

 

この現象が続くことで、大量の皮脂が毛穴の中に残留して固くなり、狭い毛穴から出そうと押し出されますが、出られないといった状態になります。

 

更に、皮脂表面の空気に触れている部分が酸化し、黒ずんだ色になっていちごの種のような黒い点々となるわけです。

 

ルナメアac いちご鼻

 

 

ルナメアac いちご鼻いちご鼻の症状を加速させてしまうやってはいけないケア方法

 

見ていると早くなんとかしたくてムズムズしてしまういちご鼻ですが、いちご鼻の改善には焦りは禁物です。

 

というのは、強引に角栓を指で押し出して抜いたり、毛抜きで引っこ抜いてしまうと、その時はスッキリします。
しかし、毛穴が更に拡張されて次の皮脂が入りやすくなって、今度はもっと太い皮脂ができてしまったり、ばい菌が毛穴に入りやすくなってしまったりと悪循環に陥ってしまいます。

 

また、毛穴から油分が一気に抜かれてしまうと、肌が油分を補充しようと過剰な皮脂を分泌する原因にもなってしまいます。

 

ルナメアac いちご鼻

 

後述しますが、一番の治療方法は継続的なお肌ケアによるターンオーバーの正常化によることです。

 

つまり、今すぐどうにかしよう!とやってしまう処置、例えば毛穴パックでゴッソリ抜いてしまおう!といったようなことはすべてNGだということです。

 

このことからも、いちご鼻の改善には忍耐と継続が必要だということがわかります。

 

そのほかにも、

 

  • 自分にとって洗浄力が強すぎる化粧品の使用
  • 通常の粒状スクラブを含む化粧品の使用

 

などといったこともあげられます。

 

なので、ルナメアACがご自身にとって刺激が強いと感じる場合(または肌に異常が現れる場合)は、すぐに使用を中断して、もっと洗浄力が弱くて刺激が弱いものを使うようにすることをオススメします。

 

 

 

ルナメアac いちご鼻いちご鼻を正しく治す!いちご鼻が改善していくメカニズムとは

 

いちご鼻を改善するには、長い期間をかけて肌にうるおいを与えていくこと(保湿すること)が一番です。

 

これによって肌のターンオーバー(新陳代謝)が整えられますので、いちご鼻の原因である角栓ができにくくなります。

 

角栓はターンオーバーの乱れ、つまり肌から古い肌が剥がれ落ちる頻度が早まったり遅くなったりすることで毛穴の中に古い肌がつまってしまい、
それ自体に皮脂が混ざり合ってできるものです。

 

やはりすぐに治ることはないので、その間に一気に除去したくなる気持ちを抑える忍耐と、毎日のスキンケアを続ける継続力が必要になります。

 

ルナメアac いちご鼻

 

ちょっとだけ脱線しますが、「忍耐」、「継続力」と聞くとなんだか「強い意志力」といった印象を抱いてしまうかもしれませんが、
本来、人間の意志力は弱いものです。

 

なので、意志力で頑張って努力!というよりは、弱い意志力を使って何ができるか?を考えるほうが有効です。

 

例えば

 

  • 環境を変える
  • 考え方を変える

 

などです。

 

「角栓を一気に取り除きたい!」という気持ちに駆られてしまうならば、鏡を必要以上に見ない、毛抜きを手の届くところに置かない、などといった対処が思い浮かびます。

 

「皆が自分の鼻を見ているようで自己嫌悪に陥ってしまう」といったような場合は、「柔らかい素材のマスクをしてみる」、「思っているほど他人は自分のことなんて気にしてない」という考え方について調べてみる、なども有効だと思います。

 

ルナメアac いちご鼻

 

いちご鼻に効果が期待できるルナメアAC使い方

 

ここまでいちご鼻ができるメカニズムから改善するメカニズムまで、色んなことを見てきました。
以上のことを踏まえて考えると、毛穴ケアに特化したルナメアACは、肌質に合っている場合は十分にいちご鼻の改善に効果が期待できるということになります。

 

しかし、いきなり定価販売されている現品を購入するのはオススメできません。

 

もし、ルナメアACが気になる場合は、
ご自身の肌質にあっているか、パッチテストの意味も含めて、まずは1週間お試しセットをお試ししてみることをオススメします。

 

 

今なら泡立てネット付き♪お試しセットを\1,080で購入できる公式サイトはこちら!